美容師がワーホリで海外に行くなら英語力は必要ですよー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

ワーキングホリデーを利用する美容師は多い

 

美容師ってワーホリに行きやすいです。

 

なぜなら、

手に職がついているからです。

 

 

それに、

 

髪の毛のカット方法としては、

 

世界的にそれほど大きな違いは無いですからね。

 

 

まあ、センスは別として日本人美容師は丁寧と言う事で有名です。

 

 

 

 

 

もちろん英語力は必須

 

もし、ワーホリで海外に行くなら英語力は付けておいたほうが良いです。

 

海外にある日系の美容室で働けば、

 

まあ、英語が話せなくてもなんとかなるでしょうけど、

 

100%日本人客って事はありませんからね。

 

 

現地のお客さんも絶対に来ます。

 

 

 

結局、英語が話せないと、

 

やっぱりちゃんとコミュニケーションが取れないので苦労します。

 

 

特にヘアスタイルの説明って英語でするのは難しいですからね。

 

 

 

英語+美容技術=勉強になるねー

 

ある程度は、英語を話せるようになってからワーホリに行ったほうが勉強にはなると思いますね。

 

 

私も以前、ワーホリでカナダに1年間だけ行ったのですが、

 

それなりに勉強はしていきました。

 

 

勉強と言っても、

 

とにかく英語を毎日シャワーの様に聞くというだけの事です。

 

 

とにかく耳と脳みそが英語に慣れる様に。

 

 

慣れれば不思議と英語って話せるんですよねー。

 

 

まあ、これは日本人が普通に日本語を話している理論からすれば当たり前なのかもしれませんけどね。

 

 

もし、ワーホリ前に英語の勉強をしたければ、

 

英語脳育成プログラムがおすすめですよ。

 

 

30日である程度の英語レベルにはなれます。

 

闇雲に英単語だけを覚えるだけの学習法だけは絶対に止めたほうが良いですよ。

 

 

これ本当に~。

 

 

遣わない単語をいくら覚えても無意味ですからね。

 


 

 

人気の記事

 

・使い捨てるつもりで美容師用のハサミを通販で買ってみたー

 

・小さな美容室をやるとするならこんな感じでやりたいねー

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*