なぜ美容師は常に貧乏なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

どうも。

 

ひねくれ美容師の「ノスペ」です。

 

 

 

 

今日は、

 

「なぜ美容師は貧乏なのか?」

 

と話です。

 

 

美容師って、

 

個人でどんなに売上を上げても大した給料を貰えませんよね。

 

 

月間200万円の売上を上げて、

 

給料40万円って!

 

 

ふふふ。

 

面白いです。

 

 

美容師業は、技術業です。

 

 

お客さんから貰うほとんどは手間賃と言っても良いでしょう。

 

 

だったら、もう少し美容師側が貰っても良いのでは?

 

 

って思いませんか。

 

 

はい。

 

本当はその通りなんですけどね。

 

 

でも~、

 

結局、美容室オーナーが一人だけ儲かるように上手い事やっているんです。

 

 

美容室オーナー

「いや~、なんやかんやと経費が掛かるんだよ~。

 

まずアシスタントの給料だろ~、

 

家賃だろう~、

 

光熱費だろう~、

 

広告宣伝費だろう~、

 

材料費だろう~。」

 

 

って言われちゃいますよね。

 

 

もちろんそれは分かります。

 

 

が!

 

 

それにしてもどれだけ搾取しているんだーって話ですよ。

 

 

 

 

雇われ美容師側も悪い

 

でも、美容師側も悪いんですけどね。

 

 

そんな店ならとっとと辞めてしまえば良いのに。

 

 

でも、辞めたら無職。

 

 

他の美容室で雇って貰えるか?

 

自分で美容室を開業しても成功する自信がない。

 

自分の顧客は付いてきてくれるのか?

 

 

などの心配事があるんですよね。

 

 

 

 

 

まあ~、お店を辞めないにしても、

 

個人で経営者(オーナー)と闘っても意味がありません。

 

 

 

ですので、

 

他のスタッフと団結しなきゃいけないんです。

 

 

 

普通の会社って、

 

労働者(雇われている人)が団結して組合を作っていますよね。

 

そして、経営者側と給料UPなどについて話合ったりします。

 

 

そこで話が決裂したら、

 

ストライキですよー。

 

 

美容師はこれをしないからダメなんです。

 

 

「給料を上げないなら、出勤しない!」って事です。

 

 

 

 

 

結局、

 

経営者側を困らせないと給料なんて上がりませんからねー。

 

 

裏でコソコソ 美容室オーナーの悪口を言っているだけでは無理。

 

 

さ~あ!

 

 

雇われ美容師よ~立ち上がれー!

 

 

って煽っています。

 

 

 

美容師は、お金について真剣に考えたほうが良いですよ。

 

もう少し日本の美容師はお金に執着したほうが良いと思うのですが・・・

 

 

「オーナーに迷惑を掛けたら何か悪いから。」

 

って思っているうちに、

 

自分自身に迷惑を掛けてしまう事になるんですよ。

 

 

 

オーナーの高級車、高級マンション、旅行、高級腕時計、の為にいつまで働き続ける気ですか?

 


 

■今日の一冊

 

・技術まるごとレッスン帳 2017年度版


 

 


 

 

人気の記事

 

・ホットペッパーに潰される美容室

 

・もし美容師が密かに副業をするなら何が良いのか考えてみた

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*