失敗する美容室経営の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

 

勘違い美容師が美容室を開業しても失敗するのがオチ

 

「自分は特別だ!」

 

「東京で修行したから田舎で繁盛するお店を持つ事ができる。」

 

「今の店で指名客が300人いた。だから大丈夫!俺はすごい!」

 

「俺の美容技術はすごい!うまい!」

 

「お客さんを絶対に綺麗に(可愛く)できる。」

 

 

そんな思いを持った美容師が地元の田舎で美容室を開業。

 

(↑これは男性美容師の場合ね。)

 

で1年後・・・。

 

全く売り上げが上がらず。

 

 

「こんなはずじゃなかったのに・・・。」

 

 

運転資金も底をつき、

 

雇っていた2人のアシスタントに辞めてもらって・・・。

 

 

1人で営業する事に。

 

 

毎月の人件費(固定費)は減っても、

 

売り上げは変わらず。

 

それから半年後。

 

 

 

どうにもこうにも出来ずお店を閉めることに。

 

 

 

 

借金1000万円以上は正直言って きつい ですよ。

 

残ったのは、

 

1000万円の借金のみ。

 

 

なぜ1000万円もの借金が残ってしまったのか?

 

それは、

 

開業当初、

 

頑張ってお店の内装と設備にお金を掛けすぎたから。

 

 

 

お金を生まない内装設備にお金を掛け過ぎる美容師って多いんですよね〜。

 



 

 

 

お客さんが求めている事って何?

 

多くのお客さんが求めていること。

 

それはお店の豪華さや、設備じゃないんです。

 

 

お店(美容室)自体がハードだとすれば、

 

そこで働く美容師はソフト。

 

 

 

お客さんはソフト(美容師)に魅力を感じれば、

 

ハード(お店)がいまいちでも来てくれます。

 

 

なぜそこに美容師は気付かないのでしょうかね?

 

 

設備内装は儲けてから改装すれば良いじゃ無いですか〜。

 

または移転して作り直せば良いじゃ無いですか〜。

 

 

 

 

多くのお客さんが求めている事

 

お客さんが求めている事ってなんでしょうか?

 

想像出来ますか?

 

これが全く的外れだと美容室はすぐにダメになりますよ。

 

ダメなパターンは、

 

・ドリンクメニューが充実しているお店

 

・美容師が色々とヘアスタイルを提案してくれる

 

・ヘアケア用品が沢山売られている美容室

 

・内装がオシャレで可愛い美容室

 

・頻繁に話掛けてくれる

 

な〜んて事を思っている美容師さん!

 

もう、ダメですよ。

 

そんな事求めているお客さんはほとんどいません。

 

(いたとしてもかなり少数です。)

 

 

 

多くのお客さんが求めている事は、

 

・自分のイメージ通りにヘアスタイルを仕上げてくれる美容師がいる

 

・持参したヘアスタイルの切り抜きと同じ仕上がりにしてくれる美容師がいる。

 

・シャンプーが丁寧で気持ちよかった

 

・待たされずにスムーズに帰れた

 

・髪の毛の事以外の会話をする必要がなかった。(プライベートな事を聞かれる事がなかった)

 

 

お客さんが求めている事って特別な事じゃ無いんですよね。

 

本当に普通の事なんです。

 

 

しかし、それが出来ていない美容師、美容室が多過ぎるんです。

 

 

まあ、だから出来ている美容師、美容室ってお金を掛けなくても儲かるんですけどね。

 

 

 

 

 

お金を掛けずに美容室を始めてもお客さんの気持ちを掴む事ができれば成功しますよ。

 

本当に成功するかどうかわからない状態のお店(美容室)に最初から多額のお金を注ぎ込むなんて怖くて普通は出来ません。

 

 

もちろん既にお店を持っているベテラン経営者ならわかりますけどね。

 

 

美容室経営の1年生がいきなり多額の借金をして美容室を始めるリスクの高さ・・・。

 

 

借金500万円ぐらいならなんとか立ち直れるでしょう。

 

再起できるレベルです。

 

 

 

しかし、美容室経営で1000万円の借金を残してお店が潰れてしまうと、

 

立ち直るのはなかなか難しいですよ。

 



 

 

 

20年前の美容業界とは全く違うんです。

 

20年前の美容業界とは違うんですよ。

 

 

20年前は、

 

美容室を出せば儲かる時代でしたからね・・・。

 

 

なぜか?

 

今ほど美容室が多くなかったからです。

 

 

どの業界でもライバルが増えるといつか必ず飽和状態になります。

 

ここからは消耗戦になっていくんです。

 

 

では消耗戦に勝つことができるのはどんな美容室でしょうか?

 

 

はい。

 

答えはお金(資本力)をたくさん持っている大手美容室です。

 

 

そこに個人店美容室が勝負を挑んでも勝てるわけが無いのです。

 

 

もしやるなら、

 

大手美容室とは全く違う、

 

個人店美容室のやり方で経営するしかないのです。

 

 

本来、経営のやり方が全く違うはずなのに、

 

大手美容室と同じ様にやろうとしてしまう美容室経営の素人が多すぎます。

 

 

 

 

まとめ

 

今から美容室を個人で開業して成功させるには、

 

 

1、初期費用、毎月の固定費を可能な限り抑える

 

 

 

2、お客さんが求めているものを提供す

 

 

 

3、個人店でしか出来ない経営をする(大手と同じ様な事はしない)

 

 

あと・・・

 

アシスタントを雇いたい気持ちはわかりますが、

 

お互い不幸になってしまうのでやめておきましょう。

 

 

アシスタントを雇う時は、

 

お店が繁盛してからで良いんですからね〜。

 

 

■PR  美容室のホームページを1500円で作れます。

 

 

 


 

 

人気の記事

 

・カット専門店のit’s(イッツ)で働いた事あるけど何か質問ある?

 

・美容師の手荒れを治す方法

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*