40歳以降の男性美容師ってどこへ行ったの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

不思議ですよね~。

 

40歳以降の男性美容師ってあまり見かけませんよね?

 

どこへ行ったのでしょうか?

 

 

 

独立して自分のお店を持ったのかな?

 

それとも転職したのかな?

 

 

 

まあ、

 

このどちらかでしょうけど。

 

 

で、ほとんどの場合、

 

悲惨な状態なんですよ。

 

 

 

 

 

 

他業種への転職

 

美容師の転職なんて、

 

本当に大変ですからね。

 

 

 

特に年を取ってからの。

 

更に男性ときたら・・・

 

 

 

出来る事と言ったら、

 

警備員

 

清掃業

 

タクシーの運転手

 

体力があれば土建業

 

派遣社員として工場勤務

 

 

これぐらいでしょうね。

 

 

いや~

 

どれも厳しいですね。

 

 

20代、30代、と美容師として頑張ってきても、

 

現実は超厳しい。

 

 

美容師の技術って美容室以外では全く役に立ちませんからね。

 

 

あああ、悲しい運命をたどるんですね。

 

男性美容師は。

 

 

■PR いつまで美容師を続けるの?

 

 

 

 

 

独立して美容室を開業

 

独立して自分のお店を開業した人もいるでしょう。

 

中には上手くいった人もいますよ~。

 

 

私の知り合いにも数名います。

 

成功者は。

 

>>ひねくれ美容師/美容室開業独立物語

 

 

 

 

でも~、

 

独立して美容室を開業して成功する人って、

 

最近は本当に少ないんです。

 

 

3年以内に閉店していく美容室なんて星の数ほどありますからね。

 

 

独立した本人にはそんなつもりは無かったのでしょうが。

 

成功を夢見たいたのでしょうが。

 

 

 

でも、現実はそんなに甘くありません。

 

 

なぜか?

 

 

そりゃ~、

 

これだけ美容室があちこちにあれば難しいですよ。

 

過当競争、

 

オーバーストア、

 

乱立、

 

価格競争、

 

美容師不足、

 

ネット上の口コミ評価

 

きびしーーーーー!

 

 

 

そりゃ~、

 

世の中の美容室の数が少なければ勝手に成功しますよ。

 

 

 

でも、現実として、

 

美容室の数が多すぎるんです。

 

 

需要と供給のバランスが完全に崩れている訳で。

 

 

これでは商売として成り立たなくなるんです。

 

 

 

美容技術が云々という問題ではありませんからね。

 

どんなにカット技術に自信があったとしても、

 

無理なものは無理なんです。

 

 

 

独立前に、

 

顧客が1000人ぐらいいたら話は別でしょうけどね。

 

 

まあ~、そんな人 稀なわけで・・・

 

 

本当に今は美容師に厳しい時代になりました。

 

 

つくづく思うわけで。

 

 

 

じゃあどうしろと言うんだ!って感じですよね。

 

 

正直に言うと、

 

私は美容師から早めに足を洗って転職する事をおすすめしますね。

 

 

それも早いほうが良いです。

 

 

でも、

 

あなたも薄々感じているんではないですか?

 

 

「このまま美世業界にいては危ない」

 

と。

 

フリーター・既卒の正社員求人のご紹介



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*