今、美容室を開業するのは待って!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容室を開業するのはちょっと待って!

そもそも、なぜお店を開こうと思ったの?

「将来、不安だから。」

「ディーラーに独立を促されたから。」

「以前働いていた美容室のオーナーに独立を促されたから。」

こんな感じですか?

まあ、こんな感じで独立して美容室を開業した人って、

大概、ダメになっていきます。

借入金を返済できずに、3年以内に閉店ガラガラです。

残るのは多額の借金だけです。

今後、個人で美容室を開業するなら絶対的な集客力を持っている人以外はかなり厳しい状況になるでしょう。

また、圧倒的数の顧客がすでにいる人。

何もないただの美容師 スタイリストが独立しても、失敗することは誰にでも予想できます。

美容ディーラーに独立を促されたパターン

これは、完全にカモにされるパターンです。

美容ディーラーは、独立する美容師が増えると儲かるんです。

既存の美容室だけでは利益が出にくいので、

まだ実力不足の美容師を独立させ、そこからお金を奪い取ろうという魂胆です。

ペーペー美容師は、扱いやすいですからね~。

材料を仕入れさせ、

設備を仕入れさせ、

講習を開いて、新しい商品を売る。

コンサルタント料をむしり取る。

まあ、こんな感じでどんどんお金を巻き上げているんです。

美容ディーラーは、自分達が儲ける為にやっています。

美容師側がいくら借金をしようと、関係がないんです。

以前働いていた美容室オーナーが独立をすすめてきた

もう、このパターンは・・・

簡単に言えば、以前働いていた美容室のオーナーはあんたに辞めてもらいたいだけなんです。

ほら、30歳を超えた美容師って完全に落ち目ですからね。

お払い箱ということです。

でも、美容室オーナーは経営者なので

「辞めてくれ!クビだ!」

なんて、言えないんです。

労働問題に発展するので・・・

それに会社都合で辞めさせると、余分にお金を払わないといけなくなりますからね。

だったら、いい感じに辞めてもらう方向に持っていこうとするんです。

だとしたら・・・

はい。

独立を促すということになるんですね~。

美容室のオーナーに独立を促されたら、

「お願いだから辞めてくれ~。」

と言われているようなモノなんですよ。

じゃあどうするの?

私の周りには、40歳を過ぎた雇われ美容師が沢山います。

ほとんどの方が未婚です。

お金は持っていません。

FaceBookに髪の毛の写真をUPしています。

40過ぎた雇われ美容師が、FaceBookにヘアスタイルの写真をUPしているんですよ~。

いや~、痛々しい・・・・

もう、需要も魅力も無いのに。

結局、美容師として独立しなかった人はそうなるんです。

厳しいですよね~。

「じゃあ、どうすればいいんだよ!」

と言われそうですね。

はい。

結論から言いますと、美容師業は引退したほうがいいということです。

どうあがいても、成功する確率が低いからです。

美容師業を引退した場合、何をするか?ということが問題になってきますよね。

ずっと美容師しかやってこなかった人にとって、

美容師を引退するということは凄く不安に感じるでしょう。

しかし、今の世の中 皆 同じです。

ほとんどの業界の人間は、転職をしたことが無い人ばかりです。

一つの世界でしか生きてこなかった人達。

でも、違う世界を知る人間にとっては、

その一つの世界でしか生きる事が出来ない事のほうが危険だということを知っているのです。

ちょっと長くなってしまったので、

続きは>>「美容師を辞めてもお金を稼ぐ事が出来ますよ。」

で~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。