開業資金500万円だけで美容室を始める。もちろん田舎限定だけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

→日本政策金融公庫から500万円の融資を受ける事に成功した創業計画書

 

500万円で美容室を始める

 

500万円以内で美容室を始めるには、

 

いくつかの条件があります。

 

 

それは、

 

 

 

1、都心部、都市部、での開業は諦める

 

2、250万円の自己資金がある

 

3、美容師経験が豊富

 

 

はい。

 

これだけです。

 

 

一番ネックになるのは、

 

自己資金の250万円ですよね。

 

 

 

まあ、250万円無くてももしかしたら日本政策金融公庫から500万円の融資を得る事が出来るかもしれませんが・・・。

 

こればかりは、何とも言えない部分で・・・。

 

 

もしかしたら、100万円の自己資金だけでも融資が下りるかもしれません。

 

 

が、分からないんです。

 

 

日本政策金融公庫の判断次第なので。

 

 

 

 

なので、

 

確実なのは250万円の自己資金を持っているという事です。

 

 

 

で、自己資金の250万円は美容室開業には使わずに自分の生活費として持っておきましょう。

 

 

セーフティーネット的な感じで。

 

 

 

全額、美容室開業費に遣うのはおすすめできませんね。

 

 

なぜなら、

 

絶対に成功するとも言い切れないからです。

 

 

 

 

もし、日本政策金融公庫から500万円の融資が下りたら、

 

その500万円で美容室を開業しましょう。

 

 

 

あ、でも、

 

日本政策金融公庫に提出する創業計画書には、

 

「自己資金の250万円は運転資金に充てます」

 

って感じで書いて下さいね。

 

 

 

じゃなきゃ、500万円借りる事が出来ませんから~。

 

で、500万円は設備資金という名目で借入をしましょう。

 

 

 

500万円の融資が下りたとしたら、

 

家賃5万円以下の物件を探しましょう。

 

 

地方だといくらでもあります。

 

都心部では絶対に無理ですからね~。

 

 

 

もちろん、家賃が安いぶん人口も少ないという部分はあります。

 

 

でも、それでも田舎での美容室経営は成り立ちます。

 

 

1日に1人来たら採算が取れる単価で商売をすれば良いんです。

 

 

美容室はそれが出来るんです。

 

 

 

例えば、

 

カット4000円

 

カラー5000円

 

のセットメニューで9000円になりますよね。

 

 

月間25日間 営業するとして、

 

1日の客数は1人だと計算します。

 

 

売上は 225000円/月間 になります。

 

 

 

家賃、光熱費、材料費、借入金の返済(500万円の場合)等の出費は、

 

毎月15万円程度になります。

 

で、残りの75000円が利益です。

 

 

 

もちろん、

 

他にも出費はあると思いますが、

 

ここでは分かりやすくする為に省きます。

 

 

1日に1人しかお客さんが来なくてもちゃんと利益は出ます。

 

 

売上が225000円しかなくてもですよー。

 

 

まあ、贅沢は出来ませんけどね。

 

 

毎月の生活で足りない分のお金は運転資金を遣ってしばらく賄います。

 

 

 

 

 

で、もし、

 

1日に2人のお客さんが来たとすれば?

 

 

9000円×2人=18000円/1日

 

18000円×25日=450000円

 

 

 

こうなると材料費が少し増えますが、

 

ざっくりと計算します。

 

 

売上450000円―経費180000円=270000円

 

 

1日に2人のお客さんが来てくれるだけで270000円の利益が出るんですよ。

 

 

田舎で毎月270000円の利益ってかなり良いほうですからね~。

 

 

結構、現実的な数字だと思います。

 

 

田舎だと、

 

1日に3人くれば繁盛店になれます。

 

 

都会で雇われ美容師を続けていても、

 

未来はありません。

 

 

だったら、

 

田舎でのんびり、

 

ちゃんと美容師をすれば、

 

まあまあの生活は送れます。

 

 

お金も貯まります。

 

 

田舎での美容室経営ってありですよ~。

 

 

 

集客方法に関しては、

 

お客さんからのリアルな紹介を増やしていく事をおすすめします。

 

 

紙の広告、チラシ、

 

ホットペッパービューティーなどは、

 

ほとんど集客効果がありませんので、

 

止めておいたほうが良いですよ。

 

 

お金も掛かりますしね。

 

 

 

なので、

 

最低でも1年間はギリギリでやっていくだけの金銭的な体力は持っておいたほうが良いですよ。

 

 

運転資金ですね。

 

 

 

なので、

 

500万円の開業資金のうち、

 

200万円で美容室を作って、

 

残りの300万円は運転資金として更にプールしておく!

 

 

これが負けない方法です。

 

 

300万円+自己資金250万円の運転資金があれば、

 

なんとかやっていく事が出来ますので。

 

→日本政策金融公庫から500万円の融資を受ける事に成功した創業計画書
 

でも、

 

「200万円で美容室を作るなんて無理!」

 

って思いますよね。

 

 

 

でも、出来るんです。

 

 

本当に。

 

 

内装工事を業者に全部依頼するからダメなんです。

 

 

自分で出来る所は自分で工事をすれば良いんです。

 

 

自分で出来ない部分は、

 

自分で直接職人さんにお願いすればかなり安くでやって貰えますからね。

 

 

 

自分で出来ない部分なんて、

 

水道工事とガス工事ぐらいですから~。

 

 

電気工事は特に必要ありませんよ。

 

 

そんなに大きな美容室を作るわけでもないので。

 

 

家庭用の電圧でも問題ありません。

 

 

だって、

 

小さな美容室ですから~。

 

 

ドライヤーを一度に5台も使う事なんてありませんもんね。

 

 

美容室の設備だって、

 

100万円あれば全部揃える事が出来ますからね。

 

まあ、100万円も必要無いですけどね。

 

・セット椅子×2脚

 

・鏡2枚

 

・シャンプー台 1台

 

・シャンプー椅子 1台

 

・加温器 1台

 

値段が高い物と言えば、

 

これくらい。

 

 

ぶっちゃけ、中古品でも十分ですよ。

 

 

ヤフオクでも覗いてみたら、

 

沢山出品されている事に驚く事でしょう。

 

>>ヤフオクの理美容品

 

 

 

 

内装は、材料費+職人さんの日当でいけます。

 

 

もちろんこだわり過ぎると無理なので、

 

ある程度、見た目がOKならOKなんです。

 

100万円でイケますよー。

 

本当に。

 

それに、今美容室でもDIYが流行っていますからねー。

 

検索すると、

 

自分で美容室を作っている美容師さんって結構出てきますよ。

 

 

 

ちなみに、

 

お客さんは、内装なんて特に気にしていませんからねー。

 

これ本当に。

 

 

 

美容師側のこだわりなんて、

 

お客さんにしてみたらどうでも良い事なので。

 

 

 

 

お客さんって、

 

美容師がちゃんと接客して、

 

思い通りの髪型にしてくれれば、

 

満足してくれますから~。

 

 

 

あああ~、

 

お客さんの思い通りの髪型っていう所がミソですからねー。

 

 

 

ぶっちゃけ、

 

ほとんどのお客さんが美容師の提案なんて聞いていません。

 

 

結局、

 

自分のやりたい髪型にしてくれた美容師を信頼します。

 

 

これはもう間違いありません。

 

 

 

それは、

 

自分がお客さん側の立場に立てば分かる事ですよね。

 

 

 

 

自分が美容室にお客さんとして行って、

 

注文する時に、

 

自分の注文を掻き消して、

 

美容師が提案してきても嫌じゃないですかー。

 

 

美容師なら余計に、

 

ムカついちゃうんじゃないですか?

 

 

「もー!言った通りにやってくれれば良いんだよー!」

 

 

って思っちゃいませんか?

 

 

 

 

 

まとめ

 

500万円で美容室を開業する事は可能ですよー。

 

やり方は、以下の通り。

 

↓↓↓

 

・田舎で家賃5万円以下の物件で美容室を開業する。

 

・200万円で内装設備を整える。やれる事は自分でやる。意外と出来ますよ

 

・集客は、確実に顧客を増やしていく為にお客さんがお客さんを紹介してくれるシステムを作る。お店自体も紹介制を導入してみては?

 

・紙の広告、ホットペッパービューティーに広告を出しても効果が薄い。だから、広告は出さない。

 

・運転資金300万円で最初の1年間は何とか乗り切る。まあ、300万円もあれば余裕ですよね。

 

・二年目から利益しか出ない体質になっている。理由は、顧客がお客さんを勝手に呼んでくれる仕組みが出来上がっているから。

 

 

→日本政策金融公庫から500万円の融資を受ける事に成功した創業計画書

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*