美容師を趣味としてやってもいい時代じゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 



 

 

仕事としてやる美容師も、

 

まあ、それなりに楽しいのかもしれないけど、

 

強烈なストレスを抱えながらやっている人のほうが確実に多いよね。

 

 

 

 

自分はイケていると本当に勘違いしている美容師さんなら、

 

いざ知らず、

 

普通の美容師さんって勘違い美容師になりたくないと思っている訳で。

 

 

 

だって、

 

自分イケていますという勘違い美容師って、

 

見ていて痛々しいわけで。

 

 

 

見ているほうが鳥肌が立ちます。

 

 

 

まあ、本人が良いならそれで良いのだろうけど。

 

 

 

 

 

で、

 

美容師は趣味の範囲でやるのが良いと思う訳です。

 

 

 

 

趣味なら楽しく出来ますからねー。

 

 

 

 

でも、

 

他人に雇われて美容師をしている限り、

 

趣味としての美容師は絶対にできませんよね。

 

 

 

残念ながら。

 

 

 

だから、

 

フリーランス美容師になるんです。

 

 

自分で小さな物件を借りて美容室を開業しても良いし、

 

知人のお店を間借りしても良いし。

 

 

今ってそれが出来る時代になってきましたからね。

 

 

集客だって、

 

SNSを使えば簡単に出来るようになってきましたし。

 




 

 

 

美容師は自由にやってこそ楽しい仕事です。

 

 

 

 

雇われて美容師をしていると、

 

お店の方向性や、

 

売上、

 

無意味なトリートメントを押し売り、

 

髪の毛が焼けちゃうホット系パーマの押し売り、

 

店販の押し売り、

 

無意味なミーティング、

 

面倒な客の対応・・・。

 

 

そんな事しなくても良いんです。

 

 

フリーランスの美容師なら。

 

 

 

まずは、

 

自分の周りの人間を確実にお客さんにしましょう。

 

 

 

そして、

 

そのお客さんに、

 

正直に今の状況を言って、

 

更にお客さんを紹介して貰うんです。

 

 

 

 

お客さんだって、

 

行きやすい美容室を探していますからね。

 

 

 

紹介ってお客さん側からしてもメリットがありますからね。

 

 

紹介だと、

 

行きやすいですからね~。

 

 

 

 

 

是非、美容師業を趣味としてやっていける環境を自分で作って下さい。

 

 

そうすれば、

 

色々と開けてきますよ~。

 

 

 

想像してみてください。

 

 

趣味としてやる美容師業って楽しそうじゃないですか?

 

 




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*