美容室を開業する為に創業計画書を作り国金から500万円の融資を受けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

はい。

 

やりましたよー!!

 

 

 

日本政策金融公庫からの融資が下りました。

 

■PR 日本政策金融公庫で500万円の融資を引き出した創業計画書 ¥9,800
 

 

金額は500万円。

 

 

ふふふ。

 

 

小さいですが、

 

ちゃんと美容室を持つ事が出来ます。

 

 

 

500万円もあれば、

 

余裕で美容室なんて始められますからね~。

 

 

 

もちろん、以下のような条件が付きますけど。

 

 

・美容師は雇わない。

 

・自分ひとりだけで営業する完全マンツーマン美容室

 

・内装工事の電気、水道、ガス、以外は自分でやる。もしくは、知人の職人に頼む。

 

中間業者を入れなければ、美容室の内装工事なんて本当に安くできますからね。

 

ちなみに、私の店は100万円で内装工事を終わらせます。

 

材料費+手間賃(専門的な部分のみ職人さんにお願いする。)

 

 

 

 

美容師1人で営業するようなお店なんて、

 

お金を掛けて作り上げる必要はありませんからね。

 

 

立派な美容室を作るなら、

 

ちゃんと儲かってからで良いんです!

 

 

 

 

 

とりあえず、私のお店は、

 

物件取得費50万円+内装工事100万円+設備費100万円の250万円で始めます。

 

 

あとの250万円は運転資金として遣います。

 

 

 

これからの時代、

 

美容師はどんどん独立する人が増えていきます。

 

 

予想では、

 

シェア美容室が増えてくると思っています。

 

 

■PR 日本政策金融公庫で500万円の融資を引き出した創業計画書 ¥9,800

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*