美容室を開業する事になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

まあ、色々ありまして美容室を開業する事になりました。

 

どんな美容室を始めるかと言えば、

 

 

 

・超ド田舎で始める

 

・人口3万人程度の町

 

・スタッフ一人営業の美容室(自分ひとり)

 

・超低コストで始める

 

・家賃5万円以下の物件で始める

 

・内装工事費100万円以内で始める

 

・設備費100万円以内で始める

 

・席数は2席のみで始める

 

・シャンプー台は1台で始める

 

・材料費は、20万円以内で始める

 

・広告宣伝にお金は一切掛けない

 

・ホームページはワードプレスを使って自分で作る

 

・SNSもやらない

 

・看板も出さない

 

・料金表は掲げない

 

・美容室以外の収入源を作る

 

・材料屋も兼ねた美容室になる

 

・ネット収入+美容室で出た利益で余裕で暮らせる

 

・パーマはしない

 

・デジパー系はしない

 

・ターゲットは40代以上の女性

 

・子供料金は作らない

 

・メインメニューは、白髪染め+カット。料金は7000円

 

・1日の売上目標は30000円程度

 

・ゆくゆくは、月間売上100万円を目指す

 

・材料費率は5%

 

・毎月の固定費は25万円

 

・15万円の給料を貰う

 

・損益分岐点は30万円

 

・スタッフは雇わない

 

・紹介客メイン。一見客は見て判断する

 

・キャッチコピーは、「趣味でやっている美容室」

 

・バリバリの商売をやっています!って感じではやらない

 

・特にお客さんが来なくてもやっていけるだけの広告収入がある為、バリバリやる必要が無い

 

・なぜやるかと言えば、ビジネス上の拠点を作りたいから

 

・オープニングは静かに始める。もちろんパーティーなんてしない

 

・営業時間は変則。お客さんに合わせない。

 

・美容室の売上が悪くてもやっていけるネットからの収入

 

・お店にお客さんがいない時は、美容業以外の事を行う。まあ、メインはブログ記事を書く事なんですけどね

 

・借入額は、400万円

 

・とりあえず日本政策金融公庫から設備資金として400万円を借り入れする

 

・内装工事は自分で行う。もしくは友人に手伝って貰う

 

・カード決済は無し

 

・美容室の内装は確かに大切ではあるが、結局、美容師次第。内装が可愛いから、豪華だから、と言って繁盛する事はあり得ない。今まで、内装を豪華に作ってすぐに潰れていった美容室を沢山見てきた。

 

・シャンプー台の設置は工事屋にやってもらう

 

 

 

まとめ

 

結局、お客さんに合わせない美容室を始める。

 

そのために、美容業以外からの収入が必須になる。

 

美容業だけからの収入しかない場合、どうしてもお客様は神様です状態に陥ってしまうので。

 

それでは、結局、他店と競争をする事になり疲弊してしまうのが分かりきっている。

 

 

美容室は、どちらかと言えば事務所感覚。

 

収入のメインはネット。

 

 

美容室は、友人、家族、子供、の施術がメインになるだろう。

 

一般客は、紹介客以外はやらない。

 

 

以上。

 

 

ってこんな本心は誰にも言えないのでブログに書かせて貰った。

 

 

でもね、

 

美容室って結局、趣味感覚でやるのが一番楽しいと思うわけですよ。

 

 

ほら〜、

 

気心の知れた人の髪の毛をやるのって楽しいじゃないですか〜。

 

 

そういう事です。

 

 

 

>>物件探しへ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*