美容室を開業するために日本政策金融公庫からお金を融資してもらいに面談に行ったよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 
 
 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 
 
 

美容室を開業するよ。

 

とりあえず、

 

設備資金として500万円ほどお金を借りに、

 

日本政策金融公庫に行ったよ。

 

 

 

で、

 

 

今後、

 

美容室を開業しようとお考えの美容師さんの為に、

 

細かい情報をまとめてみたよ。

 

 

 

お金を借りる為には、自己資金は多いほうが良い。

 

例えば、500万円借りたければ自己資金250万円は必要。

 

一応、1/10でOKってことになっているけど、ほとんどの場合 融資は降りない。

 

 

 

その自己資金の出どころは必ず突っ込まれる。

 

本当は、給料を自分の銀行口座に入れてコツコツ貯めていくのが一番良い。

 

なぜなら、通帳にちゃんとお金の出どころが記載されるから。

 

じゃなきゃ、面談してくれる日本政策金融公庫の職員に色々と突っ込まれる。

 

 

「このお金はどこから出てきたのですか?」

 

ってね。

 

 

もちろん、タンス預金で貯めました!でも良いのだけど、

 

あまり信用して貰えないような。

 

 

なので、一番良い自己資金の貯め方は自分の銀行口座にコツコツと貯めていくこと。

 

これならなんの問題もなく、

 

自己資金の出どころの説明がつくからね。

 

 

 

一時的に誰かからお金を借りてくる、

 

見せ金って説明が難しいし、

 

面談する職員さんも気づいているよ。

 

 

「タンス預金です!」

 

と言っても信じてもらえないからね。

 

 

 

次の話。

 

 

 

ブランクはないほうがベター

 

できるだけ、

 

ギリギリまで美容室で働いていたほうが無難。

 

雇われ美容師としてね。

 

 

ちなみに、

 

面談する日本政策金融公庫の職員さんは美容師、美容室の事を全く知らない素人。

 

 

多少のブランクがあっても美容師としては大丈夫なのに、

 

職員側にしてみたら、

 

「大丈夫ですか?こんなにブランクがあるのに?」

 

って事になるらしい。

 

 

「私は大丈夫です!」

 

と言っても信じて貰えない。

 

 

さらに、大丈夫な理由を証明するのも難しいわけ。

 

その場で、ヘアカット技術でも見せても難しいでしょうね〜。

 

 

 

だから、できるだけギリギリまで美容室で働いていたほうが無難。

 

 

そのほうが、

 

「今、現役バリバリで、顧客がこれだけいます!だから、売上の見込みもあります!」

 

っていう説明もつくからね。

 

 

 

なので、できれば日本政策金融公庫にお金を借りるギリギリまで美容室で働いていたほうが良いですよー。

 

 

 

女性担当者はきつい印象

 

まあ、これは私の場合ですが、

 

男性担当者よりも、

 

女性担当者のほうがキツイと思います。

 

 

どんどん冷静な顔をしてつっついてきますからね〜。

 

 

「お客さんがくる根拠を示して下さい。」

 

って言われるんだけど、

 

正直、根拠なんてなくて・・・。

 

 

 

ほとんどの人が、

 

「何となくいけそうー。」

 

と思っているだけ。

 

 

 

 

根拠を示すために、

 

マーケティングの話をしても、

 

「そんなにうまくいきますかね〜?」

 

って言われちゃいます。

 

 

 

まあ、そう言うのが彼らの仕事なのでしょうけど。

 

 

この根拠を上手に示す事ができれば、

 

融資成功率がグッと上がりますよ。

 

 

 
 
 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 
 
 
 

 

 

どんな格好で面談にいくべき?

 

今回の面談に私は、黒のスラックス、白シャツ、カーディガン、という無難な格好でいきました。

 

美容師っぽい格好で行っても良いのでしょうが、

 

その辺は無難さを選びました。

 

 

 

よくコンサル系の人達が言うには、

 

「スーツで行ったほうが良い。」

 

「自分の仕事に合ったラフな格好で行くべき。」

 

など意見が様々。

 

 

どちらかと言えば、かなりラフな格好で仕事をしている美容師は、

 

本当にラフな格好で行くべきなのか?

 

 

私は、美容師特有のあのラフな格好は避けるべきだと思います。

 

 

なぜなら、

 

面談官によって、

 

感じ方が様々だからです。

 

 

 

洋服の事なんて気にしない面談官もいれば、

 

気にする面談官もいます。

 

 

なので、無難な格好がベストだと思います。

 

 

 

無理にスーツを着て行ったほうが無理があるので、

 

止めたほうが良いと思います。

 

 

 

ユニクロで、

 

黒のスラックス、白シャツ、ベスト、を買って着れば良いと思いますよ。

 

 

 

 

聞かれた事だけを話す!

 

日本政策金融公庫の面談官からは、

 

色々な質問を受けます。

 

 

面談官、美容のことは何もわかっていません。

 

 

なので、

 

面談を受けているこちらとしては、

 

美容のことを詳しく話そうと思っちゃいますが、

 

それは止めたほうが良いです。

 

 

 

なぜなら、

 

美容のことなんかには興味が無いし、

 

どれだけ熱く語っても無意味だからです。

 

 

 

面談官が欲しい情報は、

 

明確です。

 

 

「この人は信用できるか?

 

ちゃんとお金を返してくれるか?」

 

 

これだけです。

 

 

 

それ以外の情報は、

 

単純に融資を申し込んだ人の人間性を判断しているんだと思います。

 

 

 

色々と話したいこともあるでしょうが、

 

基本的には、

 

聞かれた質問に簡潔に答えているだけでOKなんですよ。

 

 

 

熱意はあまり関係無いと思います。

 

 

逆に熱く語る人のほうが、

 

「なんだこの人は?夢だけ熱く語ってそれって実現可能なのか?」

 

って思われちゃうのがオチです。

 

 

 

 

日本政策金融公庫で働いている職員って、

 

普通のサラリーマンです。

 

 

自分で起業をしたこともなければ、

 

しようとも考えていない人達。

 

 

 

 

100%国出資の金融機関で、

 

それなりに給料を貰って暮らしていこうと考えている人達です。

 

 

 

そんなサラリーマン根性しか無い人達に、

 

夢やビジネスプランを語っても無意味ですからね。

 

 

彼らの本音は、

 

「お金を貸して、必ず返してくれる人だけに融資したい。」

 

と言うことです。

 

 

 

 

他人の夢なんてどうでも良いと思っていることでしょう。

 

 

なので、面談官に本音を言う必要はありません。

 

普通に、

 

淡々と質疑応答をしているだけで良いんです。

 

 
 
 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 
 
 
 

 

創業計画書は1枚にまとめる

 

日本政策金融公庫に創業融資の申し込みをすると、

 

創業計画書の提出を求められます。

 

 

その際、

 

ほとんどの美容師さんが悩んでしまうんですよね〜。

 

 

「創業計画書なんて書いたことないし、

 

無理だー!」

 

 

ってね。

 

 

 

で、仕方なく創業計画書、事業計画書の書き方が書かれた本を読むわけです。

 

 

そこには、

 

分厚い創業計画書を書いてアピールしろ!的なことが書かれていることでしょう。

 

 

で、聞いてもいないような事まで細かく書くわけですよ。

 

 

起業動機を何ページにもわたって書いてみたり、

 

10年後のプランを書いてみたり・・・。

 

 

 

でも、日本政策金融公庫の面談官にしてみたら、

 

それって迷惑なことなんです。

 

 

全部読むのに、

 

時間が掛かるし、

 

要点もまとまっていないし。

 

 

 

結局、面談官は何を求めているのか?

 

 

はい。

 

 

それは上でも書きましたが、

 

「この人は信用できる人か?

 

ちゃんとお金を返してくれる人なのか?」

 

と言うことだけです。

 

 

 

面談官は、

 

融資を受ける人の夢になんて興味ありません。

 

 

 

だから、

 

日本政策金融公庫のホームページにある、

 

創業計画書1枚にまとめのがベストなんです。

 

 

A3の紙、1枚にです!

 

>>日本政策金融公庫 創業融資ダウンロード

 

 

1枚の紙に情報がまとまっていれば、

 

面談官もありがたいんです。

 

 

上司にも提出しやすいですからね。

 

 

って、この本に書いてありました。

 

■事業計画書は1枚にまとめなさい―――公庫の元融資課長が教える開業資金らくらく攻略法

 

 

この本は元日本政策金融公庫の融資担当者が書いた本なので、

 

すごく参考になりました。

 

 

 

 

 

まとめ

 

結局、日本政策金融公庫からお金を借りる際に大事なことは何なのか?

 

 

1、自己資金が借りたい金額の1/3以上ある事。(自分のお金だと言う事を証明する必要がある。)

 

2、美容師としての経験と実績がある事。

 

 

はい。

 

以上です。

 

結局、自己資金と経験値なんです。

 

 

極論、難しい創業計画書なんて不要なんです。

 

自己資金がある事と、

 

美容師経験を証明する事ができれば、

 

お金を貸して貰えます。

 

 

 

熱意だけでお金は貸してくれませんので。

 

投資じゃないですからね〜。

 

 

日本政策金融公庫の職員さんって、

 

サラリーマンで、

 

ほぼ公務員なので、

 

自分のマイナスになりそうな人には融資はしたくないのが本音ですよ。

 

 

 

はい。

 

日本政策金融公庫からお金を借りたければ、

 

自己資金と美容師経験が凄く大切になりますよ〜って事です。

 

 

 
 
 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 
 
 
 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*