ちょっと変わった美容室経営のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

今度、出店する美容室の経営プラン。

 

 

1、1日に1人のお客さんでも成り立つやり方

 

2、1日に2人のお客さんで利益30万円の美容室

 

3、平均単価9000円(カット4000円+カラー5000円)

 

 

4、オープンは大体的に宣伝しない。客数をこなすだけの仕事には未来がない。

 

5、紹介客をメインに顧客を増やしていく。

 

6、紹介者には割引ではなく、シャンプー&トリートメントのセットをプレゼントする。これは、告知せずにサプライズとしてプレゼントする。

 

7、毎月の固定費を12万円以内に。(家賃+光熱費+返済)

 

8、とにかく家賃は安い物件で始める。家賃さえ安ければ長く経営する事が出来る。

 

9、美容室以外からの収入は絶対に必要。私の場合は、アフィリエイト報酬、ネットショップでの物販、Googleアドセンス、オークション出品。リアルビジネス+ネットビジネスの融合は最強!

 

10、1か月間にお客さんが全然来なくても2年間はやっていけるだけの金銭的体力を持っている。

 

11、クーポンや割引券を配ると、安いお客さんが一気に集まり技術、接客サービス、の質がどうしても落ちてしまうのでそれは絶対にやらない。どんなにお店が暇でも。確実に紹介客だけを増やしていく工夫をする。

この紹介客をいかに増やしていくかが大切。今までの様なホットペッパービューティーを使って、どっと集客するやり方は、美容師にとっても、お客さんにとっても、良い事は無い。

 

 

12、美容室は暇でも良いんです。利益さえ出ていれば。やり方次第です。

 

13、最初から美容師を雇用しない。お店が忙しくなってきたとしても雇用しないほうが良い。

 

もし雇うなら、自分で出資して新しい美容室を開業したほうが確実。美容師を雇って、そこから利益を出すのは簡単ではない。

 

もちろんその新規出店した美容室で働く責任者にも多少は出資して貰う。これが保険になるからね。

 

 

14、出資して新規開業した美容室は、投資分+ちょっとの利益だけを頂いて他は全て責任者に渡す。

 

15、本当の意味での面貸は有り。今までの面貸しは、面貸しであって面貸しではない。タダの奴隷制度でしかなかった。それが今になってほころびとなって出てきている。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*