借金500万円でカット専門店を開業した先輩美容師の末路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<<最初から読む

 

お店を閉めようか迷っている状況です。

 

閉めるとは、廃業するという事です。

 

 

 

なぜか?

 

まあ~、

1年間の間で色々とあったようですよ。

 

 

まず、予想以上にお客さんが来ず売上が全く上がらなかったそうです。

 

そして、売上が上がらないので運転資金が底をつき、

 

別のカット専門店から引き抜いてきたスタッフに辞めて貰う事に。

 

 

それで、色々と揉めたようです。

 

 

給料も出せるか、出せないか、際どい感じだったようですね。

 

そんな状況でも、

 

辞めさせたスタッフに保証金を請求されたようで、

 

色々と大変みたいです。

 

 

 

まあ~、どちらも大変ですよね。

 

引き抜いてこられたスタッフにしてみれば、

 

いきなり無職になるわけですからね。

 

 

でも~、そのカット専門店のオーナー(先輩美容師)はもうお金が無い状態。

 

 

集客の手段も無し。

 

このままではどうしようもなくなるわけで。

 

店舗物件を借りているので、その家賃も払えない状態。

 

 

非常事態です。

 

 

お店を閉めるにしても、お金が掛かりますからね。

 

原状回復費用として・・・

 

 

まあ、多少の保証金は先に預けておいたと思いますが・・・

 

 

 

はい。今、こんな状態なんですよ~。

 

 

1年前は、

 

絶対に成功してお金持ちになる!って言っていた人が、

 

今ではげっそり痩せこけて、

 

かなり病んでいる様子。

 

 

 

それにしても、

 

なぜ、

 

今の時期にカット専門店を出店しようと思ったのか?

 

疑問しかありません。

 

 

どう考えても、

 

無理なのに。

 

カット専門店は、もう、増え過ぎたんです。

 

 

それを個人店レベルでやろうとしたら無理に決まっていますからね。

 

 

カット専門店は、計算が楽なのですぐに採算が合うか、合わないか、分かると思いますが。

 

1人カットして、1000円ですからね。

 

100人来店で、10万円。

 

1000人来店で100万円。

 

10000人来店で1000万円。

 

 

100万円の売上を作るには、

 

1000人のお客さんが来てくれなきゃダメなんですよ~。

 

 

個人店レベルで、

 

ひとつき、1000人を集客するのは無理です。

 

 

よっぽど大々的に広告を打たなければ。

 

 

まあ、広告を打っても難しいのかな。

 

 

 

それにしも早くお店を清算しなきゃ、

 

もっと借金が膨らんでしまうと思うんですがね。

 

 

 

まあ、私が余計な事を言うとキレられてしまうので言いませんがね。

 

 

 

 

▪️本日オススメの一冊

 

売上が伸びないときに読む本

 

 

 


 

 

人気の記事

 

・一度傷んだ髪の毛はトリートメントを付けても絶対に、修復しない!

 

・美容師でも出来る儲かる副業

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

 

 

 

コメントを残す

*